リハビリ施設

200㎡を超える広さと
充実した設備のリハビリテーションセンター
01
01

 

02
02

腰椎椎牽引療法は、腰椎の腰椎症や椎間板ヘルニアのほか腰椎に起因する症状の軽減を図ることを目的とします。

03
03

病院やリハビリ施設で歩行訓練用に使用されています。 歩行の初期段階に使用されることが多く、大きく安定しているので、不安を感じることなく自分のペースで歩行訓練ができます。 また立ち上がり訓練や軽い運動の補助にもご使用できます。

04
04

頸椎・腰椎に対して引っ張る力を加えることにより、脊椎や脊椎周辺の軟部組織の矯正や主に脊椎症・椎間板ヘルニアなどに使われます。

05
05

電気を身体に流すことによって、筋肉を収縮させ、血流を改善し炎症や痛みを緩和させます。

06
06

マイクロ波を照射することにより身体を奥から温めます。痛みの軽減、循環の改善、筋スパズムの軽減などの効果があります。

07
07

超音波を身体に伝えることにより、通常では届かない身体の奥の組織の回復力を高め、炎症や痛みを改善させる働きがあります。

08
08

両足を包み込んで加圧除圧を繰り返すことで足の筋肉を収縮させ、ポンプ作用を促し、足のむくみを改善させます。

09
09

ふくらはぎの筋肉を自分の体重を使って継続的に伸張させることにより、足の突っ張りを減らします。

10
10

滑車に通したロープの両端の握り手を持って、交互に上下させることで肩周辺の筋肉を運動させ、肩関節の可動域を改善します。

11
11

かかとの骨に超音波を流し、骨の強さを計測することができます。同年代の平均、最も骨の強い20代の平均と比較することができ、結果はその場ですぐに確認できます。