レントゲン室

電子カルテと連動した
レントゲン、CT検査の設備のご紹介。
01
01

心電図: 心臓が血液を送り出すために拍動するとき、心筋が収縮して微細な電気を発生します。その電気の強弱を波形グラフ化したものが心電図です。心臓の動きに異常があると、波形に変化が生じますので、それを読み取って診断に役立てます。

02
02

レントゲン写真(X線写真)は、X線を目的の物質に照射し、透過したX線を典型的にはフィルムに焼き付けることによって可視化し、内部の様子を知ることのできる検査です。デジタル化により、その場で画像を確認できるためフィルムのように現像するまで写真画質の状態がわからない様なことがなく、常に一定の画質で画像を提供できるようになりました。

03
03

CT検査では、身体を輪切りした断面像が得られるため、身体の内部の構造を詳しく調べるこ とができます。そのため、臨床症状や尿・血液検査だけでは分からなかった、あなたの身体にとって大切な情報を与えてくれます。

03
03

レントゲン照射例