整形外科

主な症状

整形外科は、四肢の骨・関節や、脊椎の専門です。
• 骨折や捻挫などの外傷
• 子供や大人のスポーツ傷害
• 関節痛・腰痛・肩凝りなどの痛み
• 手足のシビレを生じる末梢神経障害
• 関節リウマチや骨粗鬆症
その他お気軽にご相談ください。

【ちょこっとコラム】腰部脊柱管狭窄症ってご存知ですか?

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患であり、通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状です。
症状としては、間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられます。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなりますが、休むと回復するのが特徴です。治療方法は様々ありますが血行改善薬や、消炎鎮痛剤、ノイロトロピンを使用してコントロールしたり、その他、温熱療法や運動療法、コルセット療法、神経ブロックも行われます。