リハビリテーション科

主な症状

痛みや機能障害があるときはリハビリを行います。
関節痛、腰痛、肩こりを始め、スポーツ傷害・スポーツ外傷・交通事故の障害などの痛み・しびれ・めまい・頭痛、筋力低下・関節拘縮・筋固縮・バランス能力の低下など、200㎡を超える広さと充実した設備のリハビリテーションセンターで、高い技術を備えた8名の理学療法士がさまざまなニーズに対応しております。関節や筋肉などの機能評価を十分に行った後、患者さんの病状に応じた適切な運動療法、物理療法、生活指導を行っています。

【ちょこっとコラム】四十肩と五十肩ってどんな違いがあるの?

ずばり、違いはありません。
どちらも「肩関節周囲炎」といい、普通の肩こりが筋肉疲労であるのに対して、四十肩・五十肩は肩関節周囲に起こる炎症のことをいいます。
肩関節は年を重ねるごとに可動域狭くなるため、普段から無理の無い範囲で動かすように心がけてストレッチなどをすることで予防効果も得られます。
ストレッチ方法や自分に合った運動方法など、お気軽にご相談ください。