脳神経内科

主な症状

頭痛、めまい、もの忘れ、てんかん、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、髄膜炎、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、老人性認知症、脳性麻痺など診断と治療を行います。
採血、CT、MRI、認知症検査等の検査を行います。
(脳神経内科は土曜日の午後2時から5時までの特別外来となります。予約制で最終受付は4時30分となります。)

【ちょこっとコラム】脳神経外科との違いについて

脳神経外科とは脳、脊髄、末梢神経系およびその付属器官(血管、骨、筋肉など)を含めた神経系全般の疾患のなかで主に外科的治療の対象となりうる疾患について診断、治療を行う医療の一分野です。いっぽう、脳神経内科は、精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱います。まず、脳神経内科でどのような病気か診断し、手術が必要な病気の場合は脳神経外科にご紹介します。