スタッフ紹介

専門化、細分化された医療の隙間を埋める
守備範囲の広い地域医療を。
staff_matsumoto

松本一明(医師)

 この度、当クリニックにお世話になることになりました。生まれも育ちも春日井で、小学生の頃わが高座小学校と鳥居松小学校で軟式野球の試合があり、ピッチャーの自分は散々に打たれた思い出があります。王子製紙の社宅からは一緒に大曽根にある中高一貫の男子校に通う通学仲間もいました。この地には御縁を感じて居ります。

 私は名古屋市立大学医学部、大学院と一貫して第一外科学教室のお世話になり、最初は大学で心臓外科、その後消化器外科を学び、刈谷総合病院はじめ関連病院で勉強させて頂きました。最近の6年間は例の医師不足の為、公立尾陽病院で内科、外科も担当しました。

若者に混ざりずいぶんと貴重な経験を積ませてもらいました。合併で あま市 が誕生してからは、市民病院の初代院長を拝命、大過無く退官の日を迎え、これからは地元へ帰り、育ててもらった恩返しをと思って居りました折の今回の御縁であります。私どもの若いころは今のような細分化は臨床現場には無く、病院当直といえば全科当直で、大きな手術の後は臓器の別なく自分たちで術後管理しました。整形外科や脳外科の手術も有りでした。腎不全には、今は大学の心臓血管外科の教授になっている後輩と、朝早くから準備をして透析をやりました。専門化細分化した医療の隙間(ニッチ)を埋めるために広い経験がお役に立てればと願っている次第です。新進気鋭の院長先生を始めスタッフの皆さま方の足手まといになりませんように頑張る所存であります。どうぞよろしくお願い致します。

医学博士 日本外科学会指導医 日本消化器外科学会指導医
愛知臨床外科学会評議員 東海外科学会特別会員 日医認定産業医
日医認定健康スポーツ医 麻酔科標榜医

昭和50年3月
 名古屋市立大学医学部大学院卒業

昭和50年4月
 刈谷 豊田病院

昭和52年4月
 多治見市民病院

昭和63年5月
 東海市小嶋病院

平成元年12月
 名古屋港湾福利厚生協会臨港病院

平成20年1月
 公立尾陽病院(現あま市民病院)

平成25年4月
 鳥居クリニック